Direction

プロジェクト全体の流れを整える

DevOps

ソフトウェア開発の概念なのですが、サウンド開発をマネージメントしていく際、いろんな課題に対する判断に応用できるかなと思っています。 (運用担当者は組織の安定、開発者は変化、テスターはリスク削減を求めている。この関係性が、サウンドプロダクションも全く同じ。(オーナーは安定性を求め、アーティストは変化を求め、ディレクターはリスク削減を求めている)

ポストプロダクション

最新情報がわかるおすすめ。

固定されたオーディオ再生ではなくて、フレキシブルなレンダリングになっていくオーディオ実装についてはこちら。

  • GDC Game Developers Conference
  • Audiokinetic Blog

  • MA実務

    Netflix Help Center | M&E 作成ガイドライン

    セリフ吹き替えに対するプロセスですが、トラック構成の工夫なんかも上手いなと思います。

    Nuendo | CSVで一括リネーム

    プロダクション

    アーティストサイドの制作プロセス、プラグイン情報などはこちら。

    Music

    Refference Guide -Pachinko Pachi-Slot BGM-

    遊技機BGMは特に、世間イメージからくる「こんな感じかな…?」の感覚と、現実に到達すべきクオリティラインが乖離していると感じます。近年は、サントラが続々リリースされてきましたので、お仕事されるアーティストの方々は、下記あたりを参考に研究頂けると嬉しいです。まずはここを超えなきゃ…です。アグレッシブさ、キャッチーなわかりやすさも特徴です。

    Sammy Sound Team
    Capcom Sound Team
    KPE STUDIO
    Daito
    Yamasa Sound Team

    ROCK系抜粋

    EDM系抜粋

    Sound Effects

    Library Guide

      Boom Library

      どのライブラリも高品質。分類もわかりやすいのですぐ使えます。

    • Cinematic Hits
    • Cinematic Trailers
    検索ワード

    効果音素材、日本語での検索だと限られているし、パッと言葉が出てこないことありますよね…。主要な検索ワードを覚えておくと楽だし、幅が広がります。

    Feet Track | 足音(FOOTSTEP)編

      地面の材質
    • CONCRETE(コンクリート)
    • GRITTY (砂)
    • CREAKY(きしみ)
    • RUG(絨毯)
    • FLOOR(床)
    • DECK(甲板)
    • DIRT(土)
    • GRAVEL(砂利)
    • LEAVES(葉っぱ)
    • MARBLE(大理石)
      靴の材質
    • SCUFF(引きずって歩く音)
    • BAREFOOT(裸足)

    Cloth Track | 衣ずれ編

    • MOVEMENT
    • CLOTH
    • FLAG(旗。大きく重めの動きのとき使える)

    定番編

    • IMPACT(ものとものがあたったときのあらゆる音を総称)
    • EXPLOSION(爆発)
    • DEBRIS(爆発後の砕片音)

    SFX Track | 映像装飾系

    • WHOOSH(風切音)
    • SWISH(ヒュッ。whooshより軽い。)
    • SPARK(ビリビリ)
    • TWANG(弦などがビヨヨヨンとなる)
    検索ソフト

    Voice

    台本リストから納品までのニューノーマル

    もっともスマートなのは、従来の台本という形をすっ飛ばして、NuendoのADR機能を活用すること。CSVでセリフ情報をインポートすれば、動画合わせしながら、字幕が表示でき、そのまま収録できちゃいます。

    CSVインポートできるけど、タイムコードなどはあらかじめ準備しておかないと、すぐインポートできないので、こちらに雛形を用意しました。青色の部分を書き換えて使ってね。

    台詞リストのNuendoマーカートラックへテンプレ

    ※ちなみに、オーナー様の命名規則に沿ったファイル名での納品なんかは、スプレッドシート上のCONCATENATEという関数を使ってこの段階で一緒に行を作っておけば、ミスなくマーカートラックに移して一括書き出しできちゃいます。(G列)


    InDesignでの台本作成。

    動画合わせがない場合は、台本作ることになるのですが、SOREMOでは、Excelではなく、格上の美しさを追求したくて、Indesignでの台本作成ができるプロセスをつくっています。雛形はこちら。

    印刷しないで収録しちゃう

    人数分の印刷と製本、回収してシュレッダーをかける・・・のは、実際やってみるとすごく大変。セキュリティー面も万全とは言い難い。もっと良い方法がないだろうか…と試行錯誤していて…現在の着地点は、iPad ProとApple Pencil。

    1. soremoapple@icloud.comにデータを送る。
    2. ブースでそのPDFを開いて、Apple Pencilで書き込み。
    3. 収録が終わったら、必要に応じてプロジェクトのポスプロ関係者へメールで書き込み済みの台本PDFを送付。

    こうすれば、エンジニア側、声優側のメモ書きもデータで残る。印刷・シュレッダーの手間をなくせるし、直前の更新も楽勝。混乱させることもありません。

    スタジオ専用iPadは、icloudアカウント統一して管理してるので、収録後は、どこからでもデータを完全に削除できます。

    静音・編集

    下記のプラグインがおすすめ

    • iZotope RX7

    どこまで深くかけるか。加減のセンスもあり、状況によってはその状態に戻したくなることもあります。非破壊でその状態に戻せるよう、Nuendo内で完結させておけると、チームワークとして親切ですよね。

    リモート環境を整えよう!
    自宅環境で吹替のセリフを収録する | Netflix
    声優の収録に関わる全ての人の安全を確保するためのマニュアル | 青木征洋