本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社ソレモ(以下「当社」といいます。)が運営するウェブサイトおよびアプリケーションソフトウェアならびに同ウェブサイトおよびアプリケーション上で当社が提供するサウンドコンシェルジュサービス(以下総称して「本サービス」といいます。)の提供条件および当社と本サービスの利用者(利用しようとする者も含みます。以下「ユーザー」といいます。)との間の権利義務関係が定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約および当社が別途定めるSOREMOプライバシーポリシー(以下「本プライバシーポリシー」といいます。)の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1章(総則)

  1. 本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 本規約の他に当社が定める本プライバシーポリシーおよび本サービスに関するガイドライン等は、本規約の一部を構成するものとします。

第2章(定義)

本規約において使用する以下の用語の意味は、各々以下に定めるとおりとします。

  1. 「サウンド」:本規約に基づき、当社がオーナーに対して、オーナーの委託を受けて制作しオーナー動画に使用する目的で提供する楽曲、効果音または音声及びこれらの総称
  2. 「許諾コンテンツ」:本規約に基づき、当社がオーナーに対して有償で利用許諾をするアーティスト制作にかかる楽曲、効果音または音声およびこれらの総称。なお、本サービス開始当初は許諾コンテンツに関する機能は実装せず、当社は、任意の期日において当該機能を追加する予定です。このため本規約のうち許諾コンテンツに関する部分については、当該機能追加に係る本規約の変更後に適用されます。本規約の他に当社が定める本プライバシーポリシーおよび本サービスに関するガイドライン等は、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 「オーナー」:本規約に基づき、本サービス上でサウンドの制作委託または許諾コンテンツの利用権を購入することのできる「オーナー」として本サービス上で登録したユーザー
  4. 「アーティスト」:本規約に基づき、本サービス上でサウンドの制作に再委託の形で参加しまたは許諾コンテンツの利用権を販売することのできる「アーティスト」として本サービス上で登録したユーザー。なお、アーティストは本サービスに登録するにあたって当社の指定する職種を選択する必要があります。職種については、本サービス上に掲載します。
  5. 「登録ユーザー」:本規約に基づき登録が完了したオーナーまたはアーティストおよびその総称
  6. 「オーナー動画」:本規約に基づき、オーナーが当社に対してサウンドの制作委託をするにあたって、サウンドを付加する対象として当社に対して本サービスを通じて提供する動画素材
  7. 「本資料」:オーナーが当社に対してサウンドの制作委託をするにあたって、案件の内容説明のためにオーナー動画とともに当社に対して提供するコンテンツ
  8. 「オーナー提供情報」:オーナー動画、オーナー動画にかかるオーナーのプロジェクトに関する説明文及び本資料
  9. 「コンテンツ」:文章、音声、音楽(効果音を含みます。)、画像、動画、ソフトウェア、プログラム、ソースコード、データベースその他の情報
  10. 「知的財産権」:著作権その他著作権法上の一切の権利(著作権法第27条及び第28条に規定する権利、著作隣接権、二次使用料請求権、貸与に係る報酬請求権、放送のIPマルチキャスト技術による同時再送信に係る補償金請求権、私的録音録画補償金請求権を含む。)、商標権、意匠権、特許権、実用新案権、不正競争防止法に定める権利その他の知的財産権(これらの権利を取得し又は登録出願する権利を含みます。)
  11. 「サービス利用契約」:本規約を契約条件として当社とユーザーの間で締結される、本サービスの利用に関する契約
  12. 「サウンド制作委託契約」 本規約に基づき、オーナーと当社の間で締結される、サウンドの制作委託を目的とする契約
  13. 「再委託契約」 本規約に基づき、アーティストと当社の間で締結される、サウンドの制作委託業務のアーティストに対する再委託を目的とする契約
  14. 「コンテンツ利用許諾契約」 本規約に基づき、オーナーと当社の間で締結される、許諾コンテンツの利用許諾(利用権販売)を目的とする契約
  15. 「コンテンツ販売委託契約」 本規約に基づき、アーティストと当社の間で締結される、許諾コンテンツの利用権販売(オーナーに対する再利用許諾)委託を目的とする契約
  16. 「個別契約」 サウンド制作委託契約、再委託契約、コンテンツ利用許諾契約またはコンテンツ販売委託契約およびこれらの総称
  17. 「反社会的勢力」 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいいます。以下同様。)、暴力団員(同条第6号に規定する暴力団員をいいます。)、暴力団関係団体、暴力団関係者、右翼団体、総会屋、社会運動標ぼうゴロまたは特殊知能暴力団、その他これらに準ずる者

第3条(登録)

  1. ユーザーは、本サービスを利用するためには、本規約を遵守することに同意し、かつ当社所定の情報(以下「登録情報」といいます。)を、登録しようとするユーザー種別(オーナーまたはアーティスト)に応じて当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請する必要があります。具体的な登録申請方法は、オーナーについては本規約第2章、アーティストについては本規約第3章に定めます。
  2. 前項に定める登録の完了時に、サービス利用契約が登録ユーザーと当社の間に成立し、登録ユーザーは本サービスを本規約に従い利用することができるようになります。
  3. 利用登録を希望するユーザーが未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかである場合、法令上必要とされる法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を事前に得た上で利用登録を申請する必要があります。
  4. 利用登録を希望するユーザーが法人または法人以外の団体である場合は、当該法人または団体を代表または代理してサービス利用契約および個別契約を有効に締結する適法かつ完全な権限を有する自然人が利用登録を申請しアカウントを取得する必要があります。
  5. 当社は、ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録(再度の登録を含みます。)を拒否することができます。当社は、当該拒否の理由について一切開示義務を負いません。
  6. 登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
  7. 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
  8. サービス利用契約または個別契約を有効に締結するために必要となる適法かつ完全な権限を有している自然人による登録申請がなされていない場合
  9. 反社会的勢力である、または資金提供その他の行為を通じて反社会的勢力の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
  10. 過去当社との契約(サービス利用契約、個別契約を含みますがこれに限りません。)に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合
  11. 第11条(登録抹消等)に定める措置を受けたことがある場合
  12. その他、登録を適当でないと当社が判断した場合

第4条(登録情報の変更)

登録ユーザーは、登録情報に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更があった登録情報を遅滞なく当社に通知するものとします。

第5条(パスワードおよびユーザーIDの管理)

  1. 登録ユーザーは、自己の責任において、本サービスに関するパスワードおよびユーザーIDを適切に管理および保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
  2. パスワードまたはユーザーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は登録ユーザーが負います。

第6条(本サービス利用の前提事項)

ユーザーは、本サービス利用の前提として、自己の責任と費用負担において、以下の事項を実施する必要があります。

  1. ユーザーの使用するPC端末等ハードウェアの準備
  2. 本サービス利用に必要となる通信環境の準備
  3. 本サービス利用に必要となるメールアドレスの設定

第7条(不可抗力)

  1. 地震、台風、津波その他の天変地異、戦争、暴動、内乱、テロ行為、重大な疾病(感染症の発生等を含む。)、法令若しくは規則の制定若しくは改廃、公権力による命令若しくは処分その他の政府による行為(感染症に対する対策実施等を含みます。)、争議行為、輸送機関若しくは通信回線等の事故、その他不可抗力によるサービス利用契約または個別契約の全部または一部の履行遅滞または履行不能については、当社はその責任を負いません。
  2. 前項に定める事由が生じ、サービス利用契約又は個別契約の目的を達成することが困難であると認めるに足りる合理的な理由がある場合には、当社は、サービス利用契約または個別契約の全部又は一部を解除することができます。

第8条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

  1. 本規約、個別契約もしくは法令に違反する行為、犯罪行為に関連する行為または公序良俗に反する行為
  2. 当社、他のユーザーまたはその他の第三者の知的財産権、肖像権、パブリシティ権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為
  3. 本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為
  4. 当社が提供する本サービスを含むソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他の解析行為
  5. 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
  6. 当社のネットワークまたはシステム等への不正アクセス
  7. 第三者に成りすます行為
  8. 他のユーザーのIDもしくはパスワードを利用する行為または第三者に自己のIDもしくはパスワードを利用させる行為
  9. 前各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にする行為
  10. 前各号の行為を試みること
  11. その他、当社が不適切と判断する行為

第9条(本サービスの停止等)

当社は、以下のいずれかに該当する場合には、登録ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

  1. 本サービスに関するシステムその他当社のシステムの点検または保守作業を緊急に行う場合
  2. システム、コンピューター、通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等により本サービスの運営ができなくなった場合
  3. 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
  4. その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合

第10条(権利帰属)

  1. 本サービスおよび本サービス上の一切のコンテンツに関する知的財産権は全て当社または当社にその利用を許諾している者に帰属します。個別のコンテンツについて個別契約に別途の定めがある場合は当該定めが本規約の定めに優先します。
  2. 登録ユーザーとしての登録の承認または本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本規約または個別契約において明示的に定める場合を除いて、前項に定める知的財産権の使用、利用または実施の許諾を意味するものではありません。
  3. 登録ユーザーは、本サービス上で登録ユーザー自身が登録、入力、投稿、アップロード等したコンテンツについて、当社に対し、本サービス運営の目的で、あらゆる利用を許諾します。

第11条(登録抹消等)

当社は、登録ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、当該登録ユーザーについて、サービス利用契約または個別契約を解除し、本サービスの利用を一時的に停止し、または登録ユーザーとしての登録を抹消することができます。

  1. 本規約又は個別契約のいずれかの条項に違反した場合
  2. 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
  3. 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
  4. 登録ユーザーが最後に利用したことが当社において確認できる日から24ヶ月以上本サービスの利用がない場合
  5. 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合
  6. 第3条(登録)第5項各号に該当する場合
  7. その他、当社が本サービスの利用または登録ユーザーとしての登録の継続を適当でないと判断した場合
  8. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、登録ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
  9. 第1項に基づく当社の措置によって登録ユーザーには、本サービスの一部または全部の利用ができなくなる可能性、個別契約に基づく債務の履行の提供が受けられなくなる可能性がありますが、これらによる損害その他不利益について当社は、特段の明示的な定めの無い限り、一切の責任を負いません。
  10. 個別契約において、契約解除に関する特別の定めがある場合は、当該定めが本条の定めに優先します。但し、当該個別契約の定めが本条の定めと明確に矛盾するものではない場合は、当該個別契約の定めと本条の定めはいずれも有効な定めとして併存します。

第12条(退会)

登録ユーザーは、当社所定の手続の完了により、本サービスから退会し、自己の登録ユーザーとしての登録を抹消することができます。但し、当該登録ユーザーにかかる個別契約が有効に存続する場合は以下の各号のとおりとします。

  1. サウンド制作委託契約または再委託契約の目的たる業務が完了するまでは、いずれの契約も有効に存続し、その限りにおいてサービス利用契約も有効に存続します。
  2. コンテンツ販売委託契約またはコンテンツ利用許諾契約については、当該登録ユーザーの退会時点から将来に向かって失効し、当該時点までに有効にオーナーに対して利用許諾された許諾コンテンツとの関係では両契約は当該許諾コンテンツに関する限度において有効に存続します。但し、当該登録ユーザーがオーナーである場合においては、退会後は許諾コンテンツを本サービス上でダウンロードすることはできません。
  3. 退会にあたり、当社に対して負っている債務が有る場合は、登録ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

第13条(本サービスの内容の変更、終了)

  1. 当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。
  2. 当社が本サービスの提供を終了する場合、当社は登録ユーザーに事前に通知するものとします。
  3. 本サービスが終了する場合、登録ユーザーは、当該終了時点において、本サービス上の一切の利用行為をする権限を失います。

第14条(保証の否認および免責)

  1. 当社は、本サービスまたは個別契約がユーザーの特定の目的に適合すること、登録ユーザーの期待する機能、商品的価値、安全性、信頼性、完全性、有効性、正確性もしくは有用性を有すること、登録ユーザーによる本サービスの利用が登録ユーザーに適用のある法令に適合すること、継続的に利用できること、およびセキュリティなどに関する欠陥、エラー、バグその他不具合が生じないことについて、明示または黙示を問わず何ら保証するものではありません。
  2. 当社は、サウンド、許諾コンテンツ、オーナー動画および本資料について、特段の明示的な定めの無い限り、信用性、適法性、有用性、特定の目的への適合性等その他一切の事項について確認する義務を負わず、登録ユーザーに対して何らの保証をしません。また、当社は、登録ユーザー制作物の使用に関連して発生するいかなる問題についても責任を負いません。
  3. 当社は、登録ユーザーが使用する機器等に起因するサウンド、許諾コンテンツ、オーナー動画または本資料の動作不良その他いかなる問題についても、特段の明示的な定めの無い限り、何らの責任を負いません。
  4. 当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。
  5. 前項までの定めにかかわらず、サービス利用契約または個別契約が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
  6. 前項に定める場合であっても、当社は、ユーザーに対し過去6ヶ月間に当該ユーザーが当社に支払った本件代金の金額(当該期間内に本件代金の支払いがない場合は合計10,000円。)を超える損害賠償責任を負わないものとし、また、当スタジオの過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち、付随的損害、間接損害、将来の損害、逸失利益その他特別な事情から生じた損害(当スタジオまたはユーザーが損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。
  7. 本サービスに関連してユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、ユーザーが自己の責任によって解決するものとします。

第15条(秘密保持)

登録ユーザーは、本サービスに関連して当社が登録ユーザーに対して開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取扱うものとします。但し、個別契約に別段の定めがある場合は、当該個別契約の定めに従います。

第16条(ユーザー情報の取扱い)

当社によるユーザーの情報の取扱いについては、本プライバシーポリシーの定めによります。

第17条(本規約の変更)

  1. 当社は、必要と判断した場合には、本規約を変更することができます。
  2. 本規約を変更する場合、当社は、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を、本サービス上の公表その他当社所定の方法により、周知し、または登録ユーザーに対して通知します。但し、当社は、法令上、登録ユーザーの同意が必要となる本規約の変更については、別途当社所定の方法で当該登録ユーザーの同意を取得します。

第18条(連絡等)

  1. 本サービスに関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡または通知、および本規約の変更に関する通知その他当社からユーザーに対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとします。
  2. 当社が登録情報に含まれるメールアドレスその他の連絡先に連絡または通知を行った場合、登録ユーザーは当該連絡または通知を受領したものとみなします。

第19条(サービス利用契約上の地位の譲渡等)

  1. 登録ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。
  2. 当社は、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡した場合、または会社分割、合併等の組織再編その他事業が移転するあらゆる取引があった場合(以下「事業譲渡等」といいます。)は、サービス利用契約又は個別契約上の地位、本規約又は個別契約に基づく権利および義務ならびに登録ユーザーの登録情報その他の情報を、当該事業譲渡等の譲受人等相手方に譲渡することができます。登録ユーザーは、当該事業譲渡等について本項においてあらかじめ同意したものとします。

第20条(分離可能性)

本規約または個別契約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約または個別契約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第21条(準拠法および管轄裁判所)

  1. 本規約、サービス利用契約および個別契約の準拠法は日本法とします。
  2. 本規約、サービス利用契約または個別契約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第2章 オーナーによる利用条件等

第22条(オーナー登録等)

  1. ユーザーはオーナーとして登録することを希望する場合は、本サービス上で当社所定の手続により登録申請する必要があります。
  2. 前項の登録申請を当社が承認した場合、オーナーとしてのIDとパスワードが付与されます。
  3. オーナーは、当社所定の方法により、本サービスのうちオーナーに関する部分の閲覧権限のみを有するユーザーとして「メンバー」を招待し、第3条に定める手続に基づきユーザーとして登録させることができます。メンバーには、その性質に反しない限り、ユーザーとして本規約を適用します。

第23条(サウンド制作委託)

  1. オーナーは本条の定めに従い、オーナー動画および本資料を当社に対し提供し、当社に対してサウンドの制作を委託することができます。本条に基づきサウンド制作委託契約が成立した場合、当社はオーナーに対して、当社が音楽専門家の観点からオーナー動画に使用するのに適切と判断するサウンドを制作し当社所定の形式および方法で納品します。
  2. オーナーと当社の間のサウンド制作委託契約は以下の各号に定める手順により成立します。
    1. オーナーは、当社所定の方法により、オーナー提供情報および希望する納期を当社に対し送信し、当該オーナー動画に関するサウンド制作に関する見積提示を当社に対し依頼します。
    2. 当社は、前項の見積依頼に対し、当社が適切と判断する、サウンドの各制作項目の報酬見積金額および予定納期を本サービス上で提示します。
    3. オーナーは、前号に定める見積もり内容を確認し、報酬金額合計および予定納期を確認および承諾した上で、当社所定の方法により、当社に対し、サウンド制作を注文することができます。当該注文時点で、サウンド制作委託契約が成立します。
  3. 当社は、オーナーが選択した各制作項目について、適切なアーティストに制作を委託して、サウンドを完成します。当社は、オーナー提供情報を十分に確認した上で、音楽専門家としての当社の知見等に基づき最終的に当社がオーナー動画に使用するのに適切と判断するサウンドを制作するものとします。サウンドの納品形式および方法については、本サービス上でオーナーが決定する内容に従います。また、予定納期はあくまで目安であり、最終的な納期は前後する可能性があります。
  4. 当社は、当社が適切と判断するアーティストに対しサウンド制作業務を再委託することができます。
  5. オーナーは、第24条の定めに基づき検収完了となった時点で報酬金額を一括でクレジットカード決済により支払うものとします。決済手続は、検収完了時点で自動的に実施されます。
  6. サウンド制作委託契約の成立時以後は、オーナーはサウンド制作の注文をキャンセルもしくはサウンド制作委託契約を登録ユーザーの都合で解除すること、または当社に対して返金を求めることができません。
  7. 当社は、いかなる理由であるかにかかわらず、報酬金額の決済が正常に行われない場合は、サウンド制作委託契約を解除することができます。

第24条(サウンドの納品・検査および契約不適合責任)

  1. オーナーは、本サービス上で当社からサウンドのデータの納品を受けた場合は、遅滞なくサウンドについて、検査を行い、合格したものを検収した旨当社に対し本サービス上で通知します。当該通知が当社に到達した時点で検収完了とします。
  2. 前項に定める検査において、サウンドのデータの不具合(データは当社所定の形式で提供されるものとし、当社所定の形式以外の形式でのデータの利用に関する不具合またはオーナーの使用する機器もしくはソフトウェアに起因する不具合を除きます。)またはサウンドの内容についてのオーナー提供情報の重要な部分との齟齬(以下「不適合」といいます。)があった場合は、オーナーは、当社に対し、当社による納品通知後14営業日以内に、具体的な不適合を示して本サービス上で通知するものとします。
  3. 前項の不適合に関する通知を受領した場合、当社は、オーナーに対して、合理的な期間内に、サウンドまたはサウンドのデータについて修正等当社が必要と判断する行為(以下「追完」といいます。)を行います。追完の具体的な方法および回数は、当社が合理的に選択できるものとします。
  4. 第2項に定める不適合の通知が、当社による納品通知後60営業日以内に当社に到達しなかった場合は、当該時点でサウンドはオーナーの検査に合格し検収完了したものとみなします。
  5. 検収完了時点以降、本条に定める場合を除いて、当社はサウンドについて何らの責任を負わず、オーナーは、追完請求、損害賠償請求、契約解除をすることができません。
  6. 前項に定める検収完了時点以降であっても、不適合のうち第1項に定める検査では通常の注意をもってしても発見し得ない重大なデータの不具合については、サウンドをオーナーが受領した後1ヶ月以内に限り、当該不具合を発見し当社に対し、5営業日以内に具体的な不具合の内容を示して通知した場合に限り、当社は、当社が合理的と判断する方法により追完をします。
  7. 当社は、オーナー提供情報に起因するサウンドの不具合等一切の問題について何らの責任を負いません。
  8. 当社は、本規約に特段の定めの無い限り、本条に定める責任以外にサウンドについて損害賠償責任、追完責任その他何らの責任を負わず、オーナーはこれらの責任追及又は契約解除を、不適合を理由として行うことはできません。

第25条(オーナー提供情報に関する権利帰属等)

  1. オーナー提供情報の知的財産権はオーナーに帰属します。
  2. オーナーは、当社に対し、サウンド制作委託契約の履行に必要な範囲で、オーナー提供情報の利用(当社の再委託するアーティストへの利用許諾を含みます。)を許諾します。
  3. オーナーは、当社に対して、オーナー提供情報が、第三者の知的財産権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権、名誉その他の権利または利益を侵害しないことを保証します。万一、オーナー提供情報に関連して第三者から権利侵害等に関連してクレーム、異議申立て、訴訟提起その他紛争(以下「紛争等」という。)が発生した場合、オーナーは自己の責任と費用負担において一切の対処を行うものとし、当社において何らかの対応をせざるを得ない場合には当社に対して協力する義務を負います。
  4. オーナー提供情報に関連する紛争等に関連して当社に損害(直接的損害に限らず、間接的損害、特別の事情による損害を含む。)が発生した場合は、オーナーは当該損害について当社に対し賠償する義務を負います。

第26条(サウンドに関する著作権譲渡)

  1. サウンドに関する知的財産権は当社または当社に利用許諾をした第三者に帰属します。
  2. 当社は、オーナーに対し、サウンド制作にかかる報酬金額全額の支払いを条件に、サウンドの検収完了時以降、サウンドに関する著作権を譲渡します。
  3. オーナーは、前項の定めにかかわらず、サウンドの利用にあたっては以下の各号に定める事項を遵守しなければなりません。
    1. オーナーは、オーナー提供情報において特定したオーナーのプロジェクトに使用する目的に限り、サウンドを利用すること。
  4. 当社は、オーナーが本条を含む本規約の定めまたはサウンド制作委託契約に違反した場合、本条に基づく利用許諾を直ちに解除することができます。当社は当該解除によってオーナーに発生した損害の賠償義務を負いません。

第3章 アーティストによる利用条件等

第27条(サンプルファイル)

アーティストは、その職種に応じて、自身が制作し正当な権利を保有するサウンドを、当社所定の方法により、サンプルとして本サービス上の所定の場所に登録し、ユーザーに対して視聴させることができます。

第28条(サウンド制作受託)

  1. 当社は、オーナーからサウンド制作の依頼があった場合、アーティストが本サービス上に登録した情報および過去の制作実績等を考慮して適切と判断するアーティストに対し、本サービス上でサウンド制作業務に関する再委託に関して打診するために通知を行います。当該通知を受けたアーティストは、オーナー提供情報、当社がアーティストに再委託しようとする業務内容、当該業務の報酬金額および納期等の基本的な情報(以下「プロジェクト情報」といいます。)ならびに再委託契約の内容を本サービス上で確認することができます。
  2. アーティストは、プロジェクト情報および再委託契約の内容について、再委託契約締結に関する検討または再委託契約の履行(アーティストが再委託契約を締結した場合に限ります。)以外の目的で利用してはならず、第三者に対していかなる手段においても開示、口外または公表してはなりません。
  3. アーティストは、プロジェクト情報および再委託契約の内容を確認し、これらの全てに同意する場合は、本サービス上で当社所定の方法により再委託契約締結に関する承諾の意思表示をすることができます。但し、当社から当該承諾の意思表示の期限について指定があった場合は、アーティストはー当該期限までに承諾の意思表示をしなければ再委託契約を締結することができません。
  4. 前項に基づき承諾の意思表示がなされた場合、当該アーティストの意思表示の時点で再委託契約が成立します。
  5. 再委託契約の内容および履行については、本サービス上でアーティストに対し個別に提示される再委託契約に従います。

株式会社ソレモ

制定:2020年10月1日